アコムの正しい利用方法と活用方法について解説します!

アコムの利用経験は3度有り

私は過去3度にわたりアコムの利用を行いました。
それも3回借入した経験ではありません。

3度の契約をした経験です。

最初は2006年、次に2010年。そして2019年に契約。
1万円や2万円の借入をちょこちょこ行っていたので借入自体の経験は100回をゆうに超えます。

使い方によっては後悔する使い方もあれば大変有意義に使う方法もありますし、それを多く経験してきました。

このサイトでは、私がアコムを利用するにあたって有益に使う方法を全知識と経験を使って解説しています。是非ご利用頂けますと幸いです。

アコムの融資を利用するまでの流れ

ではまずアコムの利用についてどういった流れで利用するのかを説明していきます。

アコムの申込み方法は3通り

  • インターネットからの申込み
  • 来店での申込み
  • 電話での申込み

この3通り。基本楽なのがインターネットからの申込み。
24時間365日いつでも受付を行っているので好きな時間やちょっとしたスキマ時間で申込み出来るのが最大の魅力。

来店でちょくせつ無人契約機や行き申し込みを行う事も出来ますし、電話でも申し込みができますが、手間が掛かるのが難点。

最初の契約は私は店舗で契約しましたが、申込用紙をその場で書いたりと店舗の中へ2時間近くいたのですが結構なストレスになったので2回目以降はインターネットから申し込みを行いました。

正直、楽ですし便利なので今は3つの方法と言いましたがインターネットからの申込一択でいいかと思います。

と申込方法がわかったところで次は最も早く融資を受ける方法についてを説明します。

PC、スマホから申し込みを済ませること

スマホがあれば10分で申込完了
アプリから直接申し込む事も出来る

先ほど言ったように手軽さはインターネットですが、融資を受ける時間が最も早いのもインターネットからの申込です。

当サイト経由で申し込みを行ってくれた方の傾向はスマートフォンからの申込が約9割の人なので大半の人はスマホから申込を行なっているようです。

申し込みもフォームの入力事項の必須項目は以下です。

  • 本人情報
  • 自宅情報
  • 勤め先情報
  • 他社の借入情報
  • 希望限度額
  • 審査結果通知・お申し込み内容の確認の連絡先

といったシンプルな項目。
全部で5分~10分程度で完了します。

私が申込から現金の出金までかかった時間は57分

私が実際に、 初回申し込みからカードを発行できた時間は、
移動時間も全て含め、たった57分で借り入れまで出来たので、

「うぉ~!!金が必要!!どないしたらええんじゃ~!!」

と困っている場合でも全ての手続きを含め、
たったの2時間で素早く融資を受けれるコトが最大のメリットです!

特にネットやATMは借入、 返済も24時間できるため非常に便利です。

初回の申込はもちろんですが、 その後も急にお金が必要になった時、 仕事で忙しく返済時間が遅くなってしまう時も安心です。

このあたりのサービスの良さはさすが大手といった感じでしょうか。

午後21くらいまでに申込すれば当日中に融資を受けることが出来る可能性が高い!

申込の受付自体は24時間365日いつでも申込が可能で、
審査自体も土日祝日全て対応、朝の8時から22時まで対応をしています。

申し込み→審査までが20分程度で済むという、 カードローンサービスの中でトップクラスのスピードと、 時間対応が虚栄ではなく、リアルに行われます!

審査時間がとにかく早い!!

申込から融資までの流れ
私の場合は全部で57分で完了。

次に、軽く前述しましたが、審査時間のスピードです。

審査は基本的に朝の9時から22時まで審査してくれる上、 最短で申込から審査回答まで30分というスピードで完了します。

これは広告などで最短審査1時間とかの記載がありますが、 実際はもっとかかるケースが多発しています。

アコムの場合は公式サイトには最短30分の記載がありますが更に早く20分程度で仮審査まで終わるケースが多いです。

私の場合は申し込みをして15分程度で審査完了の連絡がありました。

平均的に20分程度で仮審査までが終了します!

つまり、20分程度で査落ちなのか?
借り入れが可能なのか?がはっきりと分かるので、時間のロスが圧倒的に少ないんです!

私はせっかちな方で審査は早いほうが断然いい。
融資をしてくれるのかしてくれないのかさっさとそこを教えて欲しいタイプなのでこのスピード審査はホントにありがたい。

本人確認書類も免許証か保険証があれば証明が可能、
スマホのカメラで撮影して、それを送るだけなので、とても簡単です。

当日中のカード発行をしたい場合は、
運転免許証だけ持参し、自動契約機へ行くだけでOKです!

用意しておくのはこれだけ。

土日や祝日でも平日と同条件

平日と同条件なので急ぎの人でも対応可能

銀行のカードローンは金利が消費者金融と比較しても、 金利が低いコトが人気ですが、土日を挟むと時間がものすごくかかるのが難点!

でもアコムは土日祝日、
いかなる時も即日融資に対応しています!!
※元日は営業していません、、!

銀行口座へ振込での融資も営業時間外でもOK!

最近は振込での融資が人気ですが、
これはいくらキャッシング業者が振込を行っていても、
金融機関の営業時間が遅かったら、次の営業日まで持ち越されてしまいます。

楽天銀行の口座を持っている人は土日祝日でも振込反映

銀行口座でも、24時間365日、 いつでも振込融資に対応している銀行もあります。

それに振込反映が行わる銀行口座を持っていなく状態で、 銀行が休みや営業時間外でも、カードさえあればATMを利用して借入、返済が可能です。

ということは、カードさえあれば24時間365日いつでも借入が可能ということです。

借り入れをするためには、
カード記載の会員番号とATMの暗証番号を入力してログイン、
振込融資の依頼画面から融資を設定するだけでOKです!

モアタイムシステムで振込が反映する時間が延長された!

2018年の10月にモアタイムシステムの導入により銀行の振込反映時間が大幅に延長されました。

これまでアコムは楽天銀行のみの対応でしたが、これによってメガバンクや地銀の銀行口座を持っている人でも振込が反映するようになりました。

まだ対応していない銀行もあるので詳しい情報は以下の公式サイトから調べてみてください

カードを発行する場合も来店なら即日で受け取り可能!

アコムは、土日でもカードの発行が可能、カードを手にするまでが最短1時間程度で可能なんです。

手順はアコムの審査完了後に契約を自動契約機で行うということです。

自動契約機で、カード発行と契約書を取りに行くだけなので、即日でも22時(一部21時)までカードが手に入ります。

とにかく急ぎの人は、カードだけ発行してもらいに行くことで土日の融資が振込でもカードからでもどちらからでも融資を受けることが出来ます。

30日間は無利息期間を利用するコトができる!!

アコムなら30日間は無利息期間を利用するコトが可能です!!

借入から不安なのは利息がどれくらいかかるのかですが、目安としては、10万円借りた場合の利息は1,500円です。

思ったよりもかからないと思う人も多いと思います。


ただ、実際に返済すると、この1,500円ですら面倒になる時があります。

アコムは30間は無利息期間が利用可能なので、この間に完済すれば、1円も利息がかからないのが嬉しいところです。

アコムってどんな会社?

アコムとはいわゆる消費者金融の社名で、キャッシング、カードローンサービスを提供している貸金業者となります。

消費者金融の中でもテレビCMを放送していることから知名度も人気も高い会社です。

1万円~30万円の借入といった、カードローンの中では小額融資と言われる部類での圧倒的な人気を持っています。


当サイトによる調査した結果、なんと10人に1人が初めて利用したカードローンが、アコムを選んでいるとの結果が出ました!

アコムの借入可能額について

アコムの借入可能額は最小で1万円から借り入れが可能です。

借り入れ金額も最大で800万円までですが、総量規制の対象となるため、この条件を満たすには、年収が1500万円以上という条件が必要となるため、 カードローンとしての利用は現実的ではありません。

実質年率について

実質年率は3.0%から18.0%とですが、基本的に初めて借り入れする人は18.0%となるため、上限金利のみを気にしたほうがいいです。


年率の範囲は広く、 これは借入額などによって変動するためですが、 初めての利用は確実に18.0%、10万円借り入れしたら、 利息が1500円ほど付く程度の金利というのを把握しておくといいです。

買い物など生活の中で使えるのでめちゃ便利!

800万円とまとまった借入も可能なため、
生活費の足しにという場合だけでなく、
大きな買い物をする時に利用することも可能です。


利用者で該当するショッピングローンがなく、
ショッピングでのローン目的での利用を目的として借り入れをする人もいます。

返済について

返済方法も35日ごとに返済していく方法と、こちらで希望する日時に毎月返済する方法から選べ、 自分のスタイルに合った返済ができます。


日時指定の場合は自動引落による返済も可能なので、わざわざ毎月振込に行く必要もなく、返済し忘れる心配もなくなります。


借入から返済までとにかく便利にできているのがアコムで、これが人気の理由でもあります。

特集!アコムの利用方法や活用ガイド
タイトルとURLをコピーしました